2015年09月23日

elasticsearchで使用するコマンド

試行錯誤していた時に使ったコマンドをまとめておく。

indexの作成

curl -XPUT "http://localhost:9200/<index_name>/"

mappingの登録

curl -XPUT 'http://localhost:9200/<index_name>/<type_name>/_mapping' -d '{
  "<type_name>": {
     "properties": {
        "sample"    : { "type": "string" },
        "add_date": { "type":"date", "format":"yyyy/MM/dd"}
     }
  }
}'

mapping確認

curl -XGET 'http://localhost:9200/<index_name>/_mapping/story?pretty=true'
 

データ登録

POSTで登録するとIDが自動採番される。

curl -XPOST 'http://localhost:9200/<index_name>/<type_name>/' -d '
{
"sample":"hoge",
"add_date":"2014-01-01"
}'

検索

curl -XGET 'http://localhost:9200/<index_name>/<type_name>/_search' -d '
{
 "query" : {
 "match_all" : {}
 }
}'

全削除

curl -XDELETE 'http://localhost:9200/*'

kibanaのindexを削除

kibanaをアップデートしたときに使用した。トラブルが無ければ必要ないのかも。

curl -XDELETE 'http://localhost:9200/.kibana/'
posted by MINE at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

2015年09月12日

wgetをproxy経由で使用する方法

こちらの手順[記事]に従って、kibanaを会社で導入しようとしたら、proxy環境下で1分位ハマってたのでメモ。

/etc/wgetrcにproxyの設定を記載する。他人がログインするPCでも無いので、ID/Pass毎埋める。

http_proxy=http://UserID:Pass@proxy.jp:8080/
http_proxy=http://UserID:Pass@proxy.jp:8080/
ftp_proxy=http://UserID:Pass@proxy.jp:8080/

プロキシがいらない場合は、以下のコマンドを打つとproxyを参照しない。
社内のサーバーからファイルを落とすときに使う。

$ wget --no-proxy http://hogehoge.co.jp/fuga.zip

証明書エラーを無視してファイルを取得する場合は以下のオプションを指定する。

$ wget --no-check-certificate https://hogehoge.co.jp/fuga.zip
参考記事

CentOS7にKibana4をインストールする[記事]

posted by MINE at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit