2011年09月25日

Pythonでプロファイラ使って性能測定する方法

cProfileを使う。[Python v2.6.2 documentation 27.4.Python プロファイラ
pythonに引数m(意味はライブラリのスクリプトを実行する)にcProfile渡して、実行したいプログラム名を渡す

python -m cProfile プログラム名

-sでソートが指定できる。timeとかcallとか使える。

python -m cProfile -s time プログラム名

-oでファイルに出力できるとヘルプに書いてあるが、出力しても何に使うのか不明。(プログラムの再利用できるの?)

python -m cProfile -o 出力ファイル名 プログラム名

人が見る分には下記の感じで、リダイレクトした方が良い気がする。

python -m cProfile プログラム名 > 出力ファイル名
posted by MINE at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック